WordPress – リビジョンとは

WordPressには標準でリビジョンという機能が存在します。リビジョン自体は便利な機能なのですが、仕組み関して理解していないとサーバー容量を圧迫する要因となる可能性があります。

この記事ではWordPressのリビジョン機能についての解説と、機能を正しく使用するための方法について解説します。

目次

リビジョンとは

WordPressのリビジョンとは、記事の執筆・編集時に内容を自動保存しておくことで、時間毎の記事内容の差分を見たり、以前の記事内容に復元できたりする機能です。記事内容を過去の状態に戻したい場合などに役立ちます。

IT分野におけるリビジョンとはソフトウェアやハードウェアに対する細かな改訂・修正を指し、変更があった場合に製品バージョンを示す通し番号を付けて表示されるもの。

リビジョンデータは記事の保存または更新・公開時に作成されます。また、保存されたリビジョンの履歴は以下から見ることができます。

リビジョン機能の使い方

リビジョン機能を利用する場合は、リビジョンデータの履歴が表示されている箇所からアクセスします。投稿画面右のサイドバーにある「〇件のリビジョン」か、投稿画面下部の「Revisions」をクリックしてください。以下のような画面が表示されると思います。

使い方はシンプルで、画面中央にあるスライダーを動かせば保存されているリビジョンデータが表示されます。目的とするリビジョンデータが見つかったら「このリビジョンを復元」をクリック。するとリビジョンデータが復元されます。

また、画面右上「ヘルプ」からWordPressの公式マニュアルを読むこともできます。

リビジョン機能の問題点と改善策

WordPressのリビジョン機能は便利ではありますが、制限を掛けなければ無限にリビジョンデータを蓄積します。これにより、長年サイト運営をしていると、1記事のリビジョンデータが100などという途方もない量になる場合があります。

過剰なリビジョンはサーバー容量の圧迫要因になります。また、サイトパフォーマンスの低下要因にもなりえると考える方々もいるようです。

解決策としては、既に作成された不要なリビジョンの削除する方法と、今後作成されるリビジョン数に制限を掛ける方法があります。どちらもプラグインを使い簡単にできますので、よろしければ以下の記事を参照ください。

  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする

※スパム対策をしております。コメントは日本語で入力してください。

CAPTCHA

目次
閉じる